永久脱毛の定義について

永久脱毛の定義についてご説明します。誤った認識をされることが多いのですが、実は永久に効果が持続する脱毛ではありません。脱毛とは体毛を生やす毛母細胞を破壊することですが、人間の体は細胞分裂を繰り返し、常に新しい細胞を生み出しています。つまり毛母細胞を破壊しても、いずれは必ず再び新しい毛母細胞が誕生するのです。

では永久脱毛とは何かと言うと、体毛の再生率を20%以下に下げることであると定義づけをされています。破壊しても毛母細胞がよみがえってくるのは避けようのないことなので、ならばせめて弱らせることで、再生のスピードを遅らせようというものなのです。したがって脱毛すると、まずは毛母細胞が完全に破壊されるため、しばらくは体毛が1本も生えてこない状態が続きます。時間をかけて徐々に再生してきますが、再生したとしても弱々しいものなので、細い産毛程度のものでしかありません。このように永久的な脱毛効果ではありませんが、体毛の量や濃さが20%以下に減った状態にはなるのです。

タグ

2014年6月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:脱毛初心者におすすめのワキ脱毛

このページの先頭へ